Diary of Mikan, a girl trying to live up in Australia
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かれこれ数週間前に書いた住宅ローンの記事のUPDATEっす。

さて、みかん&ベンジャミンがFamily Guarantorというローンを購入する
ということを書いたのだけど、ぢつはまだ購入してません。ハイ。

Family Guarantorは家族の誰かの家を、みかん達が買う家の20%分の額だけ
抵当に入れてそれを保険代わりにするため、家族のサポートが必要。
みかん達の場合は、ベンジャミンの両親のお宅を抵当に入れることでOKって
ことになった。

でもそうなると、みかん達の意見だけで動くことはできない。
ビジネスマンのベンジャミンパパ。石橋を叩いて渡る…というのは彼のことで、
みかん達に「最低3件のブローカーに聞け」ということで、3人のブローカーに
会ってハナシを聞いたものの、結局みんな言うこと同じやし…。
でもこの過程で時間を食いまくったみかん達。どうやねん。

まぁでも、ここまでくれば、あとは楽。
あとは書類を出して、来週にでもローンの購入ができそうな予感。

ところで、ここでFamily Guarantorのハナシを参考まで…

もし自分もしくは結婚相手のどちらか一方の家族に持ち家があり、
その家のローンがほぼ完済してるか、はたまた市場価値がある場合、
このFamily Guarantorというものが使えるらしい。まぁもちろん相手方の
承諾が要るんだけどね。(みかんたちの場合、ベンジャミンの両親の家の
市場価値が高いため、これができる)

で、Family Guarantorのメリットは…
1)デポジット(頭金)がほぼ要らない
2)Mortgage Insuranceがゼロになる

みかん達にとってはMortgage Insuranceがゼロになるのが美味しい。

家を買う際、オーストラリアで必要になるお金は…
1)家の額の最低5~10%のデポジット(多ければ多いほど良い)
2)Stamp Duty & Commission Fee(税金とか手数料とか…)
3)Mortgage Insurance (デポジットが20%以下の場合)

例えばみかんたちのように、家の額を$400Kで考えている場合、
Stamp Duty & Commission Feeが$20K、Mortgage Insuranceが$15K。
デポジットを例えば家の額の5%とすると、全て合わせて家を買う際に必要に
なる額は、$55K。家を買うハードルって高いんすよ…。

で、みかん達はFamily Guarantorをすることで、Mortgage Insuranceが
要らなくなる。Stamp DutyとCommission Feeはローンの中に入れてしまうので、
みかんが払うのはデポジットのみってわけ。
ぐっとハードルは下がるよねぇ。

まぁそんなわけで、やっと住宅ローンにありつけそうな予感。
ここからはひたすら家を探すのみ。
家も、めぼしい家は市場に出て1週間ほどで売れてしまうので、これからは毎日
家をチェック。そしてめぼしい家もなかなか出なかったりする。みかんの同僚のDは
住宅ローンを購入してから、家の購入までの期間が1年ちょい。
長期戦になること覚悟で、じっくり選ぶ必要がありそうですわ。

そんなこんなのみかんの家の購入過程。
まだまだアップデートしていきます。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

もし自分もしくは結婚相手のどちらか一方の家族に持ち家があり、
その家のローンがほぼ完済してるか、はたまた市場価値がある場合、
このFamily Guarantorというものが使えるらしい。まぁもちろん相手方の
承諾が要るんだけどね。(みかんたちの場合、ベンジャミンの両親の家の
市場価値が高いため、これができる)

で、Family Guarantorのメリットは…
1)デポジット(頭金)がほぼ要らない
2)Mortgage Insuranceがゼロになる

みかん達にとってはMortgage Insuranceがゼロになるのが美味しい。

家を買う際、オーストラリアで必要になるお金は…
1)家の額の最低5~10%のデポジット(多ければ多いほど良い)
2)Stamp Duty & Commission Fee(税金とか手数料とか…)
3)Mortgage Insurance (デポジットが20%以下の場合)

例えばみかんたちのように、家の額を$400Kで考えている場合、
Stamp Duty & Commission Feeが$20K、Mortgage Insuranceが$15K。
デポジットを例えば家の額の5%とすると、全て合わせて家を買う際に必要に
なる額は、$55K。家を買うハードルって高いんすよ…。

で、みかん達はFamily Guarantorをすることで、Mortgage Insuranceが
要らなくなる。Stamp DutyとCommission Feeはローンの中に入れてしまうので、
みかんが払うのはデポジットのみってわけ。
ぐっとハードルは下がるよねぇ。

まぁそんなわけで、やっと住宅ローンにありつけそうな予感。
ここからはひたすら家を探すのみ。
家も、めぼしい家は市場に出て1週間ほどで売れてしまうので、これからは毎日
家をチェック。そしてめぼしい家もなかなか出なかったりする。みかんの同僚のDは
住宅ローンを購入してから、家の購入までの期間が1年ちょい。
長期戦になること覚悟で、じっくり選ぶ必要がありそうですわ。

そんなこんなのみかんの家の購入過程。
まだまだアップデートしていきます。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外生活 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/10/26 10:13】 | オーストラリア不動産事情
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。