Diary of Mikan, a girl trying to live up in Australia
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、この7月から、オーストラリアの看護協会が変わりましたよー。
これまで州によって看護協会が違ってたのが、今回国の看護協会に変わった
ので、つまりは「州ごとではなく、国での看護師登録」になるわけ。
楽といえば楽なんだけど、みかんのいるような田舎の土地では、看護師が
他の州に流出しないんだろうか…と密かに思うみかん。まぁいいや。

さて、医療従事者といえば、よく言われるのが「卒後教育」の大切さ。
まぁ医療は常に進んでるしね。

オーストラリアでは、これまで卒後の教育としては、病院ごとに「Competency
Accreditation Program(1年ごとに蘇生法や薬物計算など、実践と知識を
一定の状態に保ってないといけないので、テストがある)」というものと、
はたまたIn-Service(院内での勉強会)や、したい人は教育部門に申し込めば、
院内の色んな教育コースが取れる…というのがあった。

だけど、誰かが「これじゃ不十分だ」と言い出したんだろう。
2009年から、SA州の看護協会では「Professional Portfolio」なるもののの
作成を薦めてて、さらに今回の国の看護協会のガイドラインでは、「1年間に
20時間以上の教育プログラムの参加or勉強すること」と書いてある。

前々からみかんの部署の教育係の同僚に「Professional Portfolio」を作るよう
勧められてたものの、ずっと無視してきたみかん。
だけど最近、重い腰をあげて作ることにしたみかん。

…というものの、この国の看護協会のガイドラインが波紋を呼んで、同僚から
「チェックされる可能性があるんだってさ」という噂を聞いたため。
証拠がなければ何もならない。なので、自分を守るためである。

…で、休みだった今日。文房具屋さんから、ファイルを買ってきて、
ネット上でどうやって「Professional Portfolio」なるものを作るのか見て、
作ってみた。

さてProfessional Portfolioにどんなものが入るのか…というと、自分が
今まで培ってきたスキルや知識、成果のバックアップみたいなもんである。

みかんのようにナースであれば、例えばCV(履歴書)、看護師の免許証、
学校の成績表やどんな科目を取ったのか…などというベーシックなものから
始まり、病院内で受けた研修のバックアップになるもの(たとえば研修の
修了証や何を学んだのかを簡単にしたサマリーなど)、自分が行った
プロジェクトや書いた論文、はたまたプレゼン資料。もし病棟内で自分が
何か大切な書類やプロトコルなんかを作ったのなら、それも入る。
つまり、自分の成果全てである。

みかんは、表紙の部分に、月&年別に自分が何をしたのか書いて、「ここの
セクションを参考に」という注意書きを書いて、一目でファイルに何が
入ってるのか分かるようにしてみた。ついでに、看護協会から「去年は
何時間勉強したんだ?」という質問が来ても困らないよう、自分が取った
大学院の科目や院内研修の隣に「何時間」という項目もつくってみた。

これは、ある意味意義があるのかも…とふと思ったみかん。
例えば将来、CN(クリニカルナース)の申請をしてみたいとか、はたまた職場を
変えようとする際に、自分のこれまでの成果が一目で分かり、知識やスキルを
バックアップするものになるため。

同僚が言ってたように、最初に作るのにかかるのは、たった数時間。
それを今後働く中で、少しずつ増やしていくのだ。

…で、できたみかんのPortfolio。何となく嬉しくなってしまったみかんだ。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

…というものの、この国の看護協会のガイドラインが波紋を呼んで、同僚から
「チェックされる可能性があるんだってさ」という噂を聞いたため。
証拠がなければ何もならない。なので、自分を守るためである。

…で、休みだった今日。文房具屋さんから、ファイルを買ってきて、
ネット上でどうやって「Professional Portfolio」なるものを作るのか見て、
作ってみた。

さてProfessional Portfolioにどんなものが入るのか…というと、自分が
今まで培ってきたスキルや知識、成果のバックアップみたいなもんである。

みかんのようにナースであれば、例えばCV(履歴書)、看護師の免許証、
学校の成績表やどんな科目を取ったのか…などというベーシックなものから
始まり、病院内で受けた研修のバックアップになるもの(たとえば研修の
修了証や何を学んだのかを簡単にしたサマリーなど)、自分が行った
プロジェクトや書いた論文、はたまたプレゼン資料。もし病棟内で自分が
何か大切な書類やプロトコルなんかを作ったのなら、それも入る。
つまり、自分の成果全てである。

みかんは、表紙の部分に、月&年別に自分が何をしたのか書いて、「ここの
セクションを参考に」という注意書きを書いて、一目でファイルに何が
入ってるのか分かるようにしてみた。ついでに、看護協会から「去年は
何時間勉強したんだ?」という質問が来ても困らないよう、自分が取った
大学院の科目や院内研修の隣に「何時間」という項目もつくってみた。

これは、ある意味意義があるのかも…とふと思ったみかん。
例えば将来、CN(クリニカルナース)の申請をしてみたいとか、はたまた職場を
変えようとする際に、自分のこれまでの成果が一目で分かり、知識やスキルを
バックアップするものになるため。

同僚が言ってたように、最初に作るのにかかるのは、たった数時間。
それを今後働く中で、少しずつ増やしていくのだ。

…で、できたみかんのPortfolio。何となく嬉しくなってしまったみかんだ。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外医療 - ジャンル:海外情報

【2010/07/06 18:54】 | 看護@オーストラリア
トラックバック(0) |

NOさんへ☆
Mikan
そう、日本のシステムは楽すぎだと思います。
オーストラリアは厳しくなる一方(>_<) いいのか悪いのか…

う~ん
NO
日本だと一度資格とってしまえば、何もしなくていいところは、何もしなくて良いもんね。
それってホント危険なんだけど、ラクと言えば楽だったなぁ(^о^ゞ
看護協会のシステムが変わり、面倒な登録の変更はなくなったけど、それに伴い色々厳しくなっていくんだろうね。
とりあえず、英語頑張ります!!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
NOさんへ☆
そう、日本のシステムは楽すぎだと思います。
オーストラリアは厳しくなる一方(>_<) いいのか悪いのか…
2010/07/08(Thu) 09:02 | URL  | Mikan #-[ 編集]
う~ん
日本だと一度資格とってしまえば、何もしなくていいところは、何もしなくて良いもんね。
それってホント危険なんだけど、ラクと言えば楽だったなぁ(^о^ゞ
看護協会のシステムが変わり、面倒な登録の変更はなくなったけど、それに伴い色々厳しくなっていくんだろうね。
とりあえず、英語頑張ります!!
2010/07/06(Tue) 21:10 | URL  | NO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。