Diary of Mikan, a girl trying to live up in Australia
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mixiで、看護師のユニフォームについてのトピを見かけたみかん。
どうやら日本でもスクラブの導入や制服の自由化が結構あるようで…。
ちなみにみかんが日本で働いてた頃(と言っても3年前まで)は、
最初の総合病院では、典型的看護師の白いワンピと、白いエプロン、それに
ナースキャップ。次に働いた医院では、ピンクのワンピとピンクのナース
キャップだった。

このいわゆる白衣&エプロンは、オーストラリアでは30年前のハナシらしく、
「日本ではまだ白衣の病院が結構あるよ…。ナースキャップもしてるところが
ある」と同僚に言うと、「古っっ!」と言われる。そうなのか…。

オーストラリアは…というと、みかんの働いている病院はこんなの↓
nursing uniforms_clip_image021


規定のポロシャツかブラウスから選んで、ボトムスはスカート、
キュロット、ショートパンツ、パンツのどれか。
RN(正看護師)は紺、EN(准看護師)はグリーンのトップで色分け
してある。他の病院は、大概ブルー系のブラウスが多いかな。

日本ではエプロンがあるものの、オーストラリアではエプロンはない。
基本的にこれで出勤&帰宅するためと、白衣高血圧を避けるため、
それに働きやすさを考えたためであると思われる。

じゃぁ感染症がある患者さんや、制服が汚れそうな時は…というと、
使い捨てのガウンを着る。日本でもMRSAやVREの患者さんの部屋に入る
時はガウンを着るのだけど、それと同じこと。

みかんは仕事を始めた時、ポケットの容量の少なさにちょっと戸惑った。
日本の白衣ってポケットの容量がデカイものの、オーストラリアの制服の
ポケットで容量がめっさ少ない。

だけど実際に働き始めて、ポケットが必要ないことに気がついたみかん。
大体どの看護師も、ポケットに入ってるのはペンのみ。みかんもペンと
リップクリームだけである。必要な時はペンライトも入ってるものの、
それくらい。

大体基本的に血圧を手動の血圧計で測ることが少ないし、聴診器はどこでも
ぶらさがってるので、そもそも聴診器があまり必要ない。
駆血帯なんかも、別に常に持っている必要はない。必要な時に取りにいけば
いいハナシである。ペンは1本あれば十分(ICU以外)。ペンをなくしたら、
筆記用具なんかが置いてある倉庫に取りにいけばいい。なので手ぶらで出勤
することもあるみかん。…日本ではなかったな。

制服で出勤&帰宅も結構楽。いちいち着替えなくていいのが素敵。
最初の頃は「不潔じゃないのか…」と思ってたみかんだけど、同僚が
「じゃぁさ、患者さんはどうなの?病院に来たからって、いちいちみんな
着替えるわけ?」。そういやそうだ。感染症のリスクなんかの側面は、
研究で問題ないと証明されているわけで、家で制服の洗濯と、他の洗濯を
分ければ、みかん的にOK。

日本では基本的に病院が制服のクリーニングをしてくれてたのだけど、
制服の支給数が限られているため、毎日制服を変えることはできなかった。
でも自分で洗濯なら、毎日洗濯。この点でもみかんは嬉しい。

でも、あえて言うなら、制服としてスクラブはいいな…と思う。
血管造影室での仕事の時はスクラブを着るのだけど、あれは楽だし、
動きやすい。スクラブはいい。うん。

日本ではスクラブ導入の病院も多いのだけど、ここでの問題は
看護師と他の医療職との違いを作ることだと思う。みかんも職場で
スクラブを着てたら、患者さんや他の病棟スタッフはすっかり医師
だと信じきる。これは困りものなのだ。

なので医師はブルー、看護師はピンク…とか、何らかの規定を作る
ことが必要だろうなぁ…と密かに思うみかん。

…てなわけで、制服についてイロイロ考察してみたみかん。
大した意見ではないので、勝手にスルーして下さいな。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

規定のポロシャツかブラウスから選んで、ボトムスはスカート、
キュロット、ショートパンツ、パンツのどれか。
RN(正看護師)は紺、EN(准看護師)はグリーンのトップで色分け
してある。他の病院は、大概ブルー系のブラウスが多いかな。

日本ではエプロンがあるものの、オーストラリアではエプロンはない。
基本的にこれで出勤&帰宅するためと、白衣高血圧を避けるため、
それに働きやすさを考えたためであると思われる。

じゃぁ感染症がある患者さんや、制服が汚れそうな時は…というと、
使い捨てのガウンを着る。日本でもMRSAやVREの患者さんの部屋に入る
時はガウンを着るのだけど、それと同じこと。

みかんは仕事を始めた時、ポケットの容量の少なさにちょっと戸惑った。
日本の白衣ってポケットの容量がデカイものの、オーストラリアの制服の
ポケットで容量がめっさ少ない。

だけど実際に働き始めて、ポケットが必要ないことに気がついたみかん。
大体どの看護師も、ポケットに入ってるのはペンのみ。みかんもペンと
リップクリームだけである。必要な時はペンライトも入ってるものの、
それくらい。

大体基本的に血圧を手動の血圧計で測ることが少ないし、聴診器はどこでも
ぶらさがってるので、そもそも聴診器があまり必要ない。
駆血帯なんかも、別に常に持っている必要はない。必要な時に取りにいけば
いいハナシである。ペンは1本あれば十分(ICU以外)。ペンをなくしたら、
筆記用具なんかが置いてある倉庫に取りにいけばいい。なので手ぶらで出勤
することもあるみかん。…日本ではなかったな。

制服で出勤&帰宅も結構楽。いちいち着替えなくていいのが素敵。
最初の頃は「不潔じゃないのか…」と思ってたみかんだけど、同僚が
「じゃぁさ、患者さんはどうなの?病院に来たからって、いちいちみんな
着替えるわけ?」。そういやそうだ。感染症のリスクなんかの側面は、
研究で問題ないと証明されているわけで、家で制服の洗濯と、他の洗濯を
分ければ、みかん的にOK。

日本では基本的に病院が制服のクリーニングをしてくれてたのだけど、
制服の支給数が限られているため、毎日制服を変えることはできなかった。
でも自分で洗濯なら、毎日洗濯。この点でもみかんは嬉しい。

でも、あえて言うなら、制服としてスクラブはいいな…と思う。
血管造影室での仕事の時はスクラブを着るのだけど、あれは楽だし、
動きやすい。スクラブはいい。うん。

日本ではスクラブ導入の病院も多いのだけど、ここでの問題は
看護師と他の医療職との違いを作ることだと思う。みかんも職場で
スクラブを着てたら、患者さんや他の病棟スタッフはすっかり医師
だと信じきる。これは困りものなのだ。

なので医師はブルー、看護師はピンク…とか、何らかの規定を作る
ことが必要だろうなぁ…と密かに思うみかん。

…てなわけで、制服についてイロイロ考察してみたみかん。
大した意見ではないので、勝手にスルーして下さいな。
スポンサーサイト

【2009/11/11 23:26】 | 看護@オーストラリア
トラックバック(0) |

NOさんへ☆
Mikan
私が医院で働いてた時も、ユニフォームで買い物に言ったら、周囲の住民からクレームがありました。患者さんが病院に来てるんだから、スタッフがユニフォームで買い物に行っても問題ないと思うんですけどねぇ(- -;)
日本ではまだまだ白衣が続きそうですねぇ…



日本ではまだまだ…
NO
日本ではユニホームに関しては、まだまだ白衣です。
キャップは無くなったものの、、、何かあったとき「看護師!」って分かるように、また日本の場合、看護師の白衣はかなりの好印象で「廃止して欲しくない。」と言う患者がとても多い。
ユニホームで帰るのも、禁止されたまま。
慎重なんですかねぇ…どこにどんな菌などがあっても良いようにって考えのようです。
またユニホームで買い物に行ったスタッフを見て「汚い!」とクレームをつけてくる周辺住民もいますよ。
何でも慎重なのか?
そういえば、私のポケットも「万が一」に備え、ペンも予備が入っていたり、テープやメジャーや…凄かった。汗

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
NOさんへ☆
私が医院で働いてた時も、ユニフォームで買い物に言ったら、周囲の住民からクレームがありました。患者さんが病院に来てるんだから、スタッフがユニフォームで買い物に行っても問題ないと思うんですけどねぇ(- -;)
日本ではまだまだ白衣が続きそうですねぇ…

2009/11/17(Tue) 18:52 | URL  | Mikan #-[ 編集]
日本ではまだまだ…
日本ではユニホームに関しては、まだまだ白衣です。
キャップは無くなったものの、、、何かあったとき「看護師!」って分かるように、また日本の場合、看護師の白衣はかなりの好印象で「廃止して欲しくない。」と言う患者がとても多い。
ユニホームで帰るのも、禁止されたまま。
慎重なんですかねぇ…どこにどんな菌などがあっても良いようにって考えのようです。
またユニホームで買い物に行ったスタッフを見て「汚い!」とクレームをつけてくる周辺住民もいますよ。
何でも慎重なのか?
そういえば、私のポケットも「万が一」に備え、ペンも予備が入っていたり、テープやメジャーや…凄かった。汗
2009/11/12(Thu) 09:14 | URL  | NO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。