Diary of Mikan, a girl trying to live up in Australia
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近めっきりブログを更新してなくてすみませんねぇ…。

さて、ブログの更新が滞っている間、みかんは家を購入しましたよー♪
たまたまネットで見つけた家。みかんたちが探してたエリアからさらに5km
ほど街から離れるので最初は考慮に入れなかったのだけど、同僚たちが何人か
近くに住んでて、バスのルートなどから、5km離れても街までの所要時間は
短い。さらに周りは大きい家ばかりで、必要な店は全て車で5分以内にあるので
気に入って入札。

家そのものが今まで見た家より大きく、Ducted Air-conditioningとAlarm System
がついてて、雨水のタンクあり、車庫は自動シャッター、Ensuiteつき…と、みかん
が欲しいもの全てついてて、ベンジャミンも気に入ったので、良さそうな額を
提示したら、その日のうちに落札。イエーイ☆

さて、そんな家。寝室3つ、バスルーム2つ、Living/Dining1つ、車庫1つ、
Front Yardと、Back Yard、そしてPergola(庭の一角をレンガもしくは
コンクリートで固めて屋根をつけたもので、BBQやパーティー、子供の
遊ぶスペースとして使われる)がある。みかんが欲しいもの全てついてて、
しかも築たったの1年。満足である。

みかんの両親に言うと、最初は「庭が狭い」とブーブー言ってたみかんママ。
ところが写真を見せると、Front yardが広いので満足したらしい。
家の広さにも満足したらしく、オーストラリアに来る気満々になったらしい。

そんなこんなで、Settlement Date(家の引き渡し)は12月22日。
残るはローンの手続きと引っ越しのみ。あぁ忙しい。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外生活 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/12/01 00:35】 | オーストラリア不動産事情
トラックバック(0) |
かれこれ数週間前に書いた住宅ローンの記事のUPDATEっす。

さて、みかん&ベンジャミンがFamily Guarantorというローンを購入する
ということを書いたのだけど、ぢつはまだ購入してません。ハイ。

Family Guarantorは家族の誰かの家を、みかん達が買う家の20%分の額だけ
抵当に入れてそれを保険代わりにするため、家族のサポートが必要。
みかん達の場合は、ベンジャミンの両親のお宅を抵当に入れることでOKって
ことになった。

でもそうなると、みかん達の意見だけで動くことはできない。
ビジネスマンのベンジャミンパパ。石橋を叩いて渡る…というのは彼のことで、
みかん達に「最低3件のブローカーに聞け」ということで、3人のブローカーに
会ってハナシを聞いたものの、結局みんな言うこと同じやし…。
でもこの過程で時間を食いまくったみかん達。どうやねん。

まぁでも、ここまでくれば、あとは楽。
あとは書類を出して、来週にでもローンの購入ができそうな予感。

ところで、ここでFamily Guarantorのハナシを参考まで…

もし自分もしくは結婚相手のどちらか一方の家族に持ち家があり、
その家のローンがほぼ完済してるか、はたまた市場価値がある場合、
このFamily Guarantorというものが使えるらしい。まぁもちろん相手方の
承諾が要るんだけどね。(みかんたちの場合、ベンジャミンの両親の家の
市場価値が高いため、これができる)

で、Family Guarantorのメリットは…
1)デポジット(頭金)がほぼ要らない
2)Mortgage Insuranceがゼロになる

みかん達にとってはMortgage Insuranceがゼロになるのが美味しい。

家を買う際、オーストラリアで必要になるお金は…
1)家の額の最低5~10%のデポジット(多ければ多いほど良い)
2)Stamp Duty & Commission Fee(税金とか手数料とか…)
3)Mortgage Insurance (デポジットが20%以下の場合)

例えばみかんたちのように、家の額を$400Kで考えている場合、
Stamp Duty & Commission Feeが$20K、Mortgage Insuranceが$15K。
デポジットを例えば家の額の5%とすると、全て合わせて家を買う際に必要に
なる額は、$55K。家を買うハードルって高いんすよ…。

で、みかん達はFamily Guarantorをすることで、Mortgage Insuranceが
要らなくなる。Stamp DutyとCommission Feeはローンの中に入れてしまうので、
みかんが払うのはデポジットのみってわけ。
ぐっとハードルは下がるよねぇ。

まぁそんなわけで、やっと住宅ローンにありつけそうな予感。
ここからはひたすら家を探すのみ。
家も、めぼしい家は市場に出て1週間ほどで売れてしまうので、これからは毎日
家をチェック。そしてめぼしい家もなかなか出なかったりする。みかんの同僚のDは
住宅ローンを購入してから、家の購入までの期間が1年ちょい。
長期戦になること覚悟で、じっくり選ぶ必要がありそうですわ。

そんなこんなのみかんの家の購入過程。
まだまだアップデートしていきます。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:海外生活 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/10/26 10:13】 | オーストラリア不動産事情
トラックバック(0) |
今日はMortgage Brokerに話を聞きに行ったみかん&ベンジャミン。
家を買うため、1歩前進♪

さて、オーストラリアで家を買う際、大概の人は住宅ローンを購入する。
その住宅ローンについて聞いたのだけど、みかんたちには2つの方法が
適用になることに…。

1) 普通の住宅ローン
これは銀行などが出している住宅ローンで、普通は5%から10%のDepositが
必要。

2) Family Guarantor
家族などが持っている家を抵当に入れてローンを購入する方法で、Depositが
少なくなる。

みかん達が考えている物件のお値段は$400K~$420K。

Brokerの人が計算した限りで、みかん&ベンジャミンが借りれそうな額は
$570Kなので、問題なしなんだけど、問題はDeposit。

住宅の5%がDepositと考えてたので、「問題ないわー」と思ってたものの、
実際はStump Dutyやら、はたまたCommission Feeやらで、さらに
$20K必要らしい。要は住宅の額の10%は持っておいた方がいいということ。

こうなれば、再来年の結婚式のこともあるので、最低あと半年はお金を
貯めるのに待った方がいいことになる。

話を聞いた後にがっかりしたみかん。
それを見たベンジャミンは、彼の両親の家に行く…と言って出かけて行った。

…で、数時間後に帰ってきた彼。
Family Guarantorのローンを購入するのに、彼の両親が手伝ってくれるとの
こと。現在オーストラリアの経済が回復しつつあって、来年には住宅ローンの
Interest Rateが上がるとのことだし、住宅そのものの値段も上がる展望なので、
あと半年も待たず、彼の両親が手伝うから今年のうちにさっさと家を買いなさい
…とのことだった。

なので、どうやらあと数ヶ月で家の購入になりそうな予感。
えらい早い展開にびびってるみかんだけど、まぁそう言うのなら…ってことで。

何だか本当に忙しい今日この頃です。ハイ。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

【2010/09/27 19:51】 | オーストラリア不動産事情
トラックバック(0) |
さてさて、カテゴリを1つ増やしてみました。
カテゴリの名前、ズバリ「Buying a house in Aus」ってなわけで、
みかんがオーストラリアで家を買うまでの過程をチョット。

…というのもオーストラリアの不動産の値段は、年々上がってます。
ここSA州の不動産の去年の値上がり高は、他の州に比べると少ないものの、
それでも2.1%。ぶっちゃけ高いっす。

いい歳になってきて、将来の結婚のハナシも上がってきて、ボチボチ家の一つ
くらい持った方がいいよなぁー…とこの1年ほど思ってるみかん。
ここオーストラリアでは、自分が住む…ということの他に、投資として
不動産を使う人も多いので、不動産を買う…というのは、別に大したこと
ではない。…なもんで、この家のハナシをすると、職場でハナシを
する人する人、「とっとと家を買った方がいいよ」と頷く。

本当はベンジャミンが大学を卒業してから…ということを考えていたものの、
そうなると4年後。4年後には、アデレード周辺の家は多分手が出ないくらい
値段が上がってるはず…だし、銀行の利息も上がりつつあるので、みかんは
彼が大学卒業前に買うことに決定。

でもだいたいの目標ってのは必要なので、みかんはリサーチ。

みかんの年収から、現在みかんが借りれるのは大体$400,000。
これはネット上での換算なので、今後1~2ヶ月、色んなMortgage
Brokerに行って、実際にどれだけ借りれて、どれだけのInterest Rateで、
どれくらいデポジットが必要なのかをリサーチする予定。

で、このBrokerから「じゃぁこれくらいの値段くらいまでなら、
貸せますよ」っていう返事が来て、Pre-approvalの契約をしたら、
今度は実際に自分が買う家を探して、買う…というステップを踏むことに。

でもここも大変で、どのエリアに家を買うのか、どんな家が欲しいのか…を
最初に決めないといけないし、将来その家を家族プランニングに合わせて
売ることも視野に入れ、そのエリアが将来的に価値が上がるのかどうか…
まで考えておいた方が良い(←オーストラリアでは、家を変えるのは普通で、
ベンジャミンの両親の現在の家は3軒目)。

…とステップが幾つかあるので、家を買うのは数日でできるハナシではない。
なもんで、みかんは「今年中」の目標として、家を買うことに。

何せ人生の中で一番でかい買い物だからねぇ…そうそう簡単にはいきませんわ。
でも、将来オーストラリアで家を買いたい…という方の参考になれば…くらいの
勢いで、このカテゴリの日記を少しずつ増やしていくつもりなので、お楽しみに☆


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2010/02/10 11:45】 | オーストラリア不動産事情
トラックバック(0) |

NOさんへ☆
Mikan
日本は最近家を買うのが、本当に大変なようで…。オーストラリアは比較的簡単らしいですよー。今後をお楽しみに☆

楽しみ♪
NO
私も将来的には、そっちで家を買いたいと思ってるので、今後のブログ(Report?)楽しみにしてます!
日本では、物価や家・土地の価格は下がってますが、銀行からの融資が、国家資格保有者じゃないと、なかなか借りられなくなっています。
社長で利益の出ている会社でも、IT関係とか今流行の職種では借りられないそうです。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。